スカルプ専門の国立MegumiNail

2021/01/27 ブログ

ジェルネイルが主流の昨今ですが、スカルプは根強く人気です。

スカルプが出来る技術者もだんだんと減りつつある傾向にあります。

ジェル専門というネイルサロンも今ではあたりまえでジェルしかできないネイリストもとても増えました。

 

しかし、ジェルとアクリルスカルプ、それぞれのメリットがあります。

知っている技術者と知らない技術者では提案もカウンセリングも変わってきます。

 

ネイルサロンで失敗したくない。

そう思われる方はmeguminailへお越しください。

それぞれのライフスタイルやお好みに合わせ、最適なネイルをあらゆる技法で叶えます。

メグミネイルで多いお客様でいうと、小爪でスラっとした綺麗な爪に憧れているという方。

このような方は平くお肉に埋もれた爪の方が多く、この様な方はジェルは不向きです。

ベストは3mm〜5mm程度でスカルプの長さ出しをしてあげるとすごく持つんですよ☝️

スカルプは料金が最低でも1万円近くかかりますからジェルよりもお高くなっています。

ですが、スカルプは持ちがよく、基本はリペア、フィルイン、お直し、といって根元の伸びてきた部分をケアし塗りたして、先はそのままか長さを短く整える、というやり方が一般的なのです。

この際に色の変更やデザインネイルももちろん可能です。

この、フィル員の場合ですと、土台のスカルプを残して上に重ねていくため、2回目以降は長さだし(スカルプ)の料金がかからないので結果的に経済的なのです💅

しかも、オンオフをくりかえさないためアセトンでの爪の痛みがありません。

さて、ジェルネイルとアクリルスカルプってなんだかわかっている方はあまりいないのではないでしょうか?

はたまた、パラジェル=ジェルネイル と思っている方も大変に多いように思います。

 

まずはパラジェルから。

パラジェルはジェルのメーカーの一つです。

本来自爪に下処理として行うサンディング(削り)をせずに定着することができるのが最大の特徴であるパラジェルです。

しかし、自爪を削らない=爪に優しい

という断片的なもののみが一人歩きをしていて

結果、

 

持たない、すぐ剥がれる

 

そう言っている方が多いこと多いこと。

 

これは技術者の説明不足に原因があります。

 

まず、私のサロンであれば、爪を見て大体わかりますが、

いつまでサロンに通っていたか、や

何のジェルをしていたか

なぜ今回はMegumi Nailに来られたのか

などお尋ねしています。

 

これは前述でも申し上げたカウンセリング理論、

「知ってる人と知らない人とでは提案に差が出る」でも上げた通り

パラジェルはおすすめしない の選択肢のお客様です。

なぜならパラジェルのシステムは、何の傷もない、バージンネイルに施すことを前提に開発されたジェルなのです。

例えるならばパラジェルは吸盤。

窓ガラスには張り付きますが、さあ、柄付きの曇りガラスのような窓に吸盤はつきますか?

 

答えはNOですね。

 

ここまで説明できてはじめてお客様は気づかれると思います。

一度傷ついた爪は半年以上たたなければ通常には戻らないのです。

いきなり方向転換をしてパラジェルのお店に行ったからといって爪の状態が改善するものでもないのです。

当サロンではパラジェルの使用は終了してしまいましたが、

よりパワーアップしたベースジェルをいくつもご用意しております。

パラジェルよりも低刺激でオフが出来るもの、や定着がよくスカルプのようにリペアやフィルインができるもの、

そういったジェルを使うと、爪も痛めず長持ちもしとっても良いんです。

Megumi Nailホームページ右下部ではチャットにて気軽に質問ができます。

ネイルアレルギーの事やスカルプネイルのこと、出張のお問い合わせなどお気軽にご活用ください。